オリエントワークスECU、MPISについて

怖いのは中身が何も見えないことです。

普通に乗って不具合もなく、エンジンパーツを変更しているわけでもないのにECUデータを変更する必要がないと思えるのは当然です。





しかもそのデータを造っているのは膨大な費用と時間を掛けた車メーカーです。内部のデータ量も昔とは比べ物にならず、スピードリミッターひとつを取ってみても、昔のように簡単にはいかなくなっています。

そして各種の危険回避能力。



マフラーなどを交換しても必要に応じて自己学習し、異常が発生した時にはいち早くドライバーに知らせ、水温が異常に上昇した時も補正によって最悪の事態を回避してくれる。

しかしながら、走るということに関しては疑問な部分もあるのは事実であり実際35GTRなどはディーラーなどでデータ変更することで、大きく走りが変わるのは事実であり欧州車などは本国データにするだけで走りが改善することもあります。

リザルトECUは長年の経験からノーマルデータを解析して問題点を洗い出し適切なデータに変更することで、その車本来の能力を引き出してくれます。

もちろんノーマルの優れた能力は残されたままですので、リスクが少なく安心して使用していただける物となっています。


それでも、あくまでデータ代にお金を払うのですから、納得いく物であるということが大前提になると思います。
そこで、当店では定期的に定例イベントを行い、御自身の車に導入し納得した上で購入することをお勧めしています。


お気軽にご相談下さい。

URL : http://www.sow-vino.co.jp/




連絡先:092-586-6245